医療用ニードル・医療用注射針製造|栃木県那須塩原市|金子メディックス株式会社

 

Inspection Division

 

検査室について

検査室について
 
2010年2月より後工程である洗浄と検査・包装作業は、針製造にこれまで以上に適すよう改築した槻沢第二工場で本格稼動させ、最終工程の検査部門はクラス10,000のクリーンな環境管理区域とし、洗浄工程で「きれい」にした針を検査室内で認定された検査員、計量包装員により針にパーティクル(微粒子)を付着させないよう取り扱い、100%全数検査を行うことで万が一の針の異常流出を防ぎます。(事業を営む上で必要とされている環境管理クラスはISO清浄度クラス8(クラス100,000)でよいのですが、弊社はそれ以上のインフラ整備としてクラス7の導入としました)
 

検査室の様子

検査室の様子
 
検査室入り口 エアーシャワーユニット

検査室入り口 エアーシャワーユニット

クラス10,000の環境管理区域に入室する前エアーシャワーを受け、床の粘着マットにより、検査室内へパーティクルが入り込まないようにしています。
 
クラス10,000に準ずる環境管理区域

クラス10,000に準ずる環境管理区域
3ヶ月ごと、パーティクルカウンターで検査室・包装室内を測定、クラス10,000であることの監視をしています。クラス10,000というのはISO清浄度クラス7、空気中1feet立方(30cm立方)の空間に0.5μm以上のパーティクルは10,000個内ということであり、山頂付近の清浄度に近い環境と言われています。

   
包装

 出荷前貨物荷姿
厳格な100%目視検査の結果、正常な針を合格品として出荷します。カートンの形状は出荷形態に合わせて数種類あります。写真のカートンサイズは約25cm立方です。

<<金子メディックス株式会社>> 〒329-2704 栃木県那須塩原市新南163-355 TEL:0287-36-6688 FAX:0287-36-5827